--年--月--日 (--) | 編集 | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年10月28日 (月) | 編集 | カテゴリ:人口膝関節置換手術
週末、バッチャンの様子を見に行ってきました。

先週末は、本当に歩行器で歩けるようになるのだろうかと心配していましたが、1週間たつと危なっかしいながらも自力で歩行器で歩いていました。

短時間だったら支えなしに立つ事もできてました。

昨日までは氷枕で手術した膝を冷やしていましたが、本日の血液検査の結果、感染症の心配もなくなり腫れも大分良くなってきたので回復病棟に明日移動するそうです。

痛みについてはまだまだ痛いけど、切開した痛さみなので日に日に軽くなっています。

バッチャンの表情を見ているだけで痛みの種類が手術前と違うのが分かります。

睡眠薬を飲んでも痛みで眠れなかったけれど、今は「消灯が早くて眠られない」と言いながら薬なしでも眠れているのです。

いつもため息と一緒に「痛っ、痛ったぁ」って、自然に口から出ていたのに、昨日は「痛みはないの?」って尋ねると、口を尖らせて「めちゃめちゃ痛いよぉ」と言いながら目は笑っていました。

これから本格的なリハビリが始まります。

でも談話スペースで見かける回復病棟の人たちは明るかったです。

痛みから開放され、良い方向に変わっていく自分の身体が実感できるからでしょう。

バッチャンもそうなってほしいです。きっとなれると思います。





関連記事
スポンサーサイト
トラックバックURL
→http://bana2525.blog130.fc2.com/tb.php/291-22d23e60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。