--年--月--日 (--) | 編集 | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年01月29日 (火) | 編集 | カテゴリ:介護保険を使おう
2週間ほど前、バッチャンの足の痛みが酷くなり、少しの間、家の中でも杖が必要な生活をしていました。

急激に冷えたことが原因のようです。

バッチャンは、その前から骨粗しょう症で膝のお皿が変形しているので歩くと痛みがありました。

今はヒアルロン酸注射が潤滑油となり、膝のお皿の動きが少し滑らかになることで痛みが和らいでいます。

ただ転倒などで骨折する可能性が非常に高く、筋力も必要だし、反射的に体が動くように訓練が必要と医師に言われました。

前々から通所リハビリに通うよう勧めても嫌がっていたバッチャンでしたが、トイレにも思うように行けなかったのがかなり堪えたようで認定申請を受け入れてくれました。

認定申請書はインターネットで簡単に手に入るのですが、フォーマットが統一されているという訳ではないみたいです。

私の暮らす市では3枚複写のため、ネットの様式ではダメでした。役所または最寄の地域包括支援センターで入手できます。

初めてのことだったので予め記載して役所に持って行ったのですが、役所で貰ってその場で記入して提出できる内容でした。

記載内容はネットの様式と同じなので、必要記載事項を準備して役所で書けば時間短縮になります。

認定申請書と一緒に主治医意見書の提出も必要なのですが、バッチャンの通う病院は隣の市なので申請書提出後、市が直接主治医に依頼してくれるそうです。主治医には認定申請したので役所から依頼があることを伝えておけばOKでした。

一週間くらいで調査員が自宅を訪問するそうです。別に家族の立会いは絶対ではないのですが、医師から立ち会うことを勧められました。

普段できないのに調査員に尋ねられると「大丈夫!できます!」っていい格好することもあるので、家族がはっきり出来ないことを伝え、どういうケアを望んでいるのかを調査員に話す必要があるそうです。

私にとっても初めての経験なので、バッチャンと二人でドキドキしながら認定調査を受けてみます。




関連記事
スポンサーサイト
トラックバックURL
→http://bana2525.blog130.fc2.com/tb.php/243-3635b595
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。