--年--月--日 (--) | 編集 | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月07日 (土) | 編集 | カテゴリ:野良猫/ク~ちゃん
待ちに待った土曜日。

お天気もまずまずの捕獲日よりでした。

でも今日も失敗しました。

矢が刺さったり、針金が巻きついた猫を保護するのに何日もかかっているニュースを見てなぜ保護できないのか不思議でした。

今日、その難しさを思い知らされました。

今日の作戦は、我が家の敷地から脱出させないこと。

そして狭いところに追い詰めて捕らえる。

朝からディスカウントショップで大量のダンボールを貰いに行き、ブロックとフェンスの間を全て塞ぎました。

作業中はク~ちゃんは小屋の下にいました。

小屋の裏側スペースに追い込みを狙って、反対側への通路を塞ぐ作業中にク~ちゃんに逃げられました。

外の様子がおかしいと危険を感じたのでしょう。

思い切って出てきたらフェンスの隙間は塞がれ、逃げようとしたら私と鉢合わせ。

方向転換したらお嬢と鉢合わせ。

狙い通り挟み撃ちに成功。

ただ残念なことにお嬢も私もまだ準備ができておらず、捕獲道具なしの素手だったのです。

3者共にパニック。

追い詰められたク~ちゃんがまさかの行動。

フェンスをよじ登って走り去ったのです。

計画の中には、念のためフェンスに登れないようにネットを付ける予定でした。

でも内心、10日も食べていないク~ちゃんに登れるとは思っていませんでした。

ク~ちゃんは毎回、私の予想を超える行動をします。

ク~ちゃんが逃走したのが13時過ぎ。

もう10時を過ぎましたが、ク~ちゃんはまだ戻っていません。

いつも2時間もすれば小屋の下に戻ってくるのに・・・。

フェンスの隙間を塞ぐダンボールがそのままになっているのがいけないのだろうか。

一応、ク~ちゃんが戻ってこれる隙間分は撤去しいるし、駐車場側はフルオープンだから戻ってこれないことはないはずなんだけど・・・。

押さえ込むことができずに逃げられましたが、フェンスを駆け上ってるとき、お嬢が一瞬ク~ちゃんの身体を両手で鷲掴みしたのです。

挟み撃ちされ捕まえかけられたことで、ク~ちゃんにとってもう我が家は危険な場所になってしまったのでしょうか。

気持ちが伝わらないことが悲しく、何も出来ずに終わってしまうのではないかととても怖いです。



関連記事
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://bana2525.blog130.fc2.com/tb.php/205-30ded345
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。