--年--月--日 (--) | 編集 | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月02日 (木) | 編集 | カテゴリ:寝言

暗い気持ちにさせてしまった日曜のワンちゃんのことで少しだけ気持ちが軽くなるニュースがありました。

昨晩、犬の様子を遠くからでも見れないかと、日曜に男性が指した家に行ってビックリ。

道から少し奥まったところに家があるのは知っていましたが、そこには複雑に3軒分の門戸が並んでいました。

どの家かわからない・・・。どの家も奥まっていて中の様子がわからない。

どうしよう・・・。とまたモンモンと考えて眠れぬ夜になりました。

無駄と思いながら、日曜、犬とずっと一緒に待っていたジッチャンに男性がどの家からでてきたのか尋ねてみました。

驚いたことにジッチャンは、男性のことを知っていました。

自治会で時々顔を合わせるそうです。

男性は奥さんと二人暮らしで子供はなく、よく二人で仲良く腕を組んで歩いているそうです。

二人で犬の散歩をしているところは見かけたことはないけど、奥さんが一人で散歩させている姿は何度も目撃してるそうです。

子供がいなくて犬を飼っているからといって可愛がっているとは限りません。

夫婦仲が良いからと言って虐待はしないと言い切れません。

でも散歩に連れて行ってもらっているというのを聞いてホッとしました。

ジッチャンに私が何を心配して悩んでいるか話しました。

ジッチャンの意見はこうでした。

あの犬は腰が砕けたようになって歩くことができずに座り込んでいたのに、飼い主が現れてあっという間にリードを装着したかと思ったら、ビッコを引きながら男性と一緒に歩き出した。飼い主の顔見て安心したんやろ。って。

確かに男性と一緒に歩く姿は、同じ犬かと思うぐらいしっかりとした足取りでした。

全ての不安が消え去ったわけではありませんが、すごく気持ちが軽くなりました。

週末、犬の好きそうなペットフードを持って、「ワンちゃん、元気になりました?」ってお見舞いに行ってきます。

疑いの気持ちを持ちながらも、飼い主さんの愛情を少しでも感じれることを期待して訪問してきます。







関連記事
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://bana2525.blog130.fc2.com/tb.php/188-a7b7fb2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。